ビットコインまとめ情報

ビットコインや仮想通貨の情報館

通勤地獄で下がる労働生産性の試算損失額、1日あたりなんと〇億円wwwww

time 2018/10/21

通勤地獄で下がる労働生産性の試算損失額、1日あたりなんと〇億円wwwww
Pocket

fwrgqwrgr3

1: ノチラ ★ 2018/06/28(木) 00:00:35.53 ID:CAP_USER

日本は労働時間とともに通勤時間も長い国だ。1日片道1~2時間の通勤など無駄の最たるもの、それが日本人の労働生産性を下げている――こういう主張はよく聞くが、それでは金銭にしてどれほどの損失が出ているのか。

度数分布表から380万人の通勤時間の総計を計算すると、623万5000時間となる。これに1時間あたりの労働生産額をかければ、通勤による損失額が出てくる。1時間で生み出せる財やサービスの金額を知るのは難しいが、試しに時間給をあててみよう。

2016年の厚労省『賃金構造基本統計』によると、40代前半男性の年収推計値は599.5万円(A)で、月の労働時間は183時間(B)だ。よって時間給は、A/12B=2730円となる。先ほど出した総通勤時間623万5000時間に、時間給2730円をかけると170億2000万円となる。40代前半男性でみた、通勤による1日の損失額だ。

他の年齢層も加えると額はもっと膨れ上がる。生産年齢男女の各年齢層について、同じやり方で通勤の損失額を計算してみた<表1>。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/2018/06/27/miata180627-chart01.jpg

ブラック労働の指標として長時間労働や薄給があるが、長時間の「痛勤」もそれらに劣らないマイナス要因だ。給料が安くてもいいから長時間通勤は御免こうむりたい、そう考える若者も増えてくるかもしれない。

個人・社会の双方にとって大きなマイナスであることは、今回の試算から見ても明らかだ。

(※中略、全文はソース元へ)


続きを読む

Source: 仮想通貨まとめちゃんねる

sponsored link

down

コメントする










最近の投稿



sponsored link